トップページ >借金返済の方法には4つの選択肢がある

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済の方法には4つの選択肢がある

借金返済をしている人には、その後どうやって借金返済をしていくか4つの選択肢があります。

 

中でも知られているのは、借金返済をしなくていいようにするための方法です。それがいわゆる、自己破産と言うものです。自己破産をした場合には、借金返済をすることはもうなくなります。自分の借金は全て、返さなくていいという状況になるのです。しかし、自己破産をした場合、10年間クレジットカードは作れない、ローンも組めないなど、信用機関へのブラックな情報が、残ってしまいます。

 

そして、もう1つ借金返済をしなくていいようになる方法が、個人での民事再生法です。債務のうち2割の額、もしくは100万円を3年間かけて、返済することで、残りの借金返済はしなくても良いという状態にするものです。

 

4つの選択肢のうち、残りの2つは、借金返済額を減らすというものです。
例えば、特定調停という方法で、利息制限法を用いて、借金返済額を改めて計算しなおす事で、債務返済がラクになる、過払い金が戻るなどの借金減が出来る方法があります。

 

もう1つは、任意整理をするという方法です。こちらも基本的には特定調停と同じ内容になります。しかし、こちらは弁護士の方にお任せをして、任意で整理をしてもらうと言うことなので、自身で裁判所に出向いたり、手続きをしたりすることが無い方法です。しかし全てを弁護士にやってもらうので、弁護士費用がかかってきます。

 

このように、借金返済の方法にはこれらの4つの選択肢があるという事を、覚えておくと良いでしょう。