トップページ >借金返済には時効がある

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

借金返済には時効がある

借金返済に時効がある事をご存じでしょうか?あまり知られていないのですが、時効が存在しているのです。

 

まず、時効には、権利が無くなる、権利を受けるという2つのパターンの時効が存在しています。いまいちよく分からないと言う人が多いのですが、簡単に説明していきましょう。
借金返済には借りた方が、10年間借りたままでいると、消滅時効というものが、成立することになります。つまり、借金返済が持つ時効というのは、権利が無くなると言う時効になるのです。

 

金融会社から、借金をして、約束された返済期限から5年間以上、一切借金返済をしていない場合に、時効が発生してくるのです。つまり、借金返済が困難になってしまい、払う事が不可能になった時点から、5年という事です。借りた日から5年ではありません。払う事が出来なくなった時から、5年以上たったら、借金返済は消滅するという事です。

 

しかし、この借金返済に関する時効というのは、かなり発生を待つのは困難だと思われます。支払が滞れば、督促状が届きますし、ひっきりなしに、電話もなりっぱなしになります。中には、直接自宅に取り立てに来ることもあるでしょう。そのたびに、引っ越しをしたり、職場を変えたり、身を隠す生活を送るのは、とても辛いものです。

 

このような事から、借金返済に時効はありますが、それを待つと言うのは、いいことだとは言えません。借金返済が困難になった場合は、任意整理などの手段もありますので、時効をまとうなんて、思わないほうが身のためです。