トップページ >差し押さえが怖い借金返済の実態

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

差し押さえが怖い借金返済の実態

借金返済が難しくなってきたとき、差し押さえが起こる事があります。これは避けて取りたい所ですが、借金返済が滞ってきたら、差し押さえも受けざるを得なくなります。

 

そもそも差し押さえとは、どのようなものかというと、裁判所の命令などで、財産を差し押さえるという通達があるという事です。借金返済が出来なくなったという人に対し、財産を競売にかけて、お金に換えるという流れを生み出す為に、差し押さえがあります。

 

もしも借金返済をしている人が、自分の財産を売り払ってしまって、借金返済に回ってこないとなると、借入先は困ってしまいます。ですから、そういった事が出来ないようにする為に、仮差押えというものが発生することもあります。あまりにも長い事借金返済が出来なくなったり、借金額が増えすぎてしまったら、持ち家を競売に出されることもあります。もちろん、売れた家のお金は、借入先の業者が借金返済の代わりとして、持っていきます。

 

差し押さえは、公正証書があれば、1週間〜3週間程度で行う事ができます。つまり、借金返済が滞ってしまい、返すメドが立たない時には、差し押さえが通達される可能性があるということです。もしも差し押さえが決まってしまったら、家の財産、さらには家ごと失う事になります。こんな事態を防ぐためにも、借金返済が困難になったら、すぐに第三者に相談をしてください。

 

1人で抱えていては、差し押さえが始まってしまう可能性があります。そうなる前に、相談をして、安全な対策を考えておきましょう。