トップページ >低金利の借入と借金返済の関係

無料!簡単入力でOK!

借金返済相談シュミレーター!

低金利の借入と借金返済の関係

なぜ借金返済の完済への道が、見えてこないのだろう?と思っている人は多いのではないでしょうか?その答えは、実に簡単なもので、「高金利の借入」をしてしまっているからです。

 

金利が高いと、借金返済をしても、元本分にまで返済がほとんど行き届かないのが、現状です。つまり、利息分だけを払っているような状態が、ずっと続いているということです。もちろん、少なからず元本にも借金返済額の中からいくらか配分されますが、とても少しだけです。

 

借金は一向に減る事はなく、高金利では、いつまでも完済は見込めないのが、現実です。そこで、視点を変えて考えてみましょう。低金利の借入であれば、借金返済がラクになるのではないでしょうか?低金利というのは、利息が1ケタという事があります。高金利では、利息が2ケタは、当たり前ですから、元本の返済額がとても大きく異なってくるでしょう。

 

しかし低金利の借入というのは、あまり簡単にできる事ではなく、審査が厳しいと言われています。ですから、借金返済の真っ只中という人は、低金利の借入審査で、弾かれてしまう可能性があります。そうなると、低金利で借金をして、それを高金利の借入先への借金返済に充てるという、理想的な構図は、幻になってしまいます。

 

ですから、まず借金をどうしてもしなければならないと言う場合には、高金利の借入は避けて、最初から低金利の借入先を探して、そこで借りるようにするのが、ポイントです。元本がしっかり返済できなければ、いつまでも完済できないと言う事を、頭に入れておきましょう。